よくあるご質問一覧

お客様からZERO1(ゼロワン)引越センターへ1ヶ月以内に寄せられたお問い合わせ、ご相談を頂いた内容を掲載しています。掲載されていない内容に関しては、総合受付窓口までお気軽にお問い合わせください。お問い合わせが多い内容を中心に、随時更新しています。

Q.
他社と比較すると価格が随分と安いようですが、追加費用などは発生しないのですか?
Q.
東京から引越の予定です。東京都外・遠方への引越も対応は可能でしょうか?
Q.
千葉から引越予定です。東京への転居なのですが、できる限りコストを抑える方法はないでしょうか?
Q.
引越し料金はいつ支払うのでしょうか?
Q.
引越当日は何をすればよいですか?
Q.
パソコンを運搬して貰うことは可能でしょうか?
Q.
新居(転居先)までトラックに同乗させて頂くことはは可能でしょうか?
Q.
引越時に、運んで頂けないものはあるのでしょうか?
Q.
見積もり時にダンボールを持ってきて頂くことは可能でしょうか?
Q.
見積もり終了後、すぐ契約しなければいけないものですか?
Q.
長距離の引越しは対応できますか?
Q.
なぜこんなに引越費用が安いのですか?
Q.
引越までに何を準備すればよいですか?
Q.
万が一の時の保証は大丈夫でしょうか?
Q.
電化製品の取付作業も併せてお願いすることは可能でしょうか?
Q.
費用が安い分、接客対応などの面で不安を感じてしまいますが、大丈夫でしょうか?
Q.
当日はどのようなスタッフの方が来られるのでしょうか?
Q.
法人なのですが、オフィスや店舗の引越もお願いすることは可能でしょうか?
Q.
転居先に盗聴器が取り付けて無いかが不安です。盗聴器の調査も併せてお願いすることができないでしょうか?
Q.
引越先でTV配線もお願いできますか?
Q.
食器・雑貨等の梱包してもらえる専門スタッフの方はいますか?
Q.
引越時に家具のセッティングはしてもらえるのでしょうか?
Q.
引越代金の支払いは現金のみでしょうか?
Q.
段ボールの大きさはどれくらいでしょうか?
Q.
着物を入れることのできる箱はありますか?
Q.
本棚・ベッドの分解・組立は無料ですか?
Q.
引越し作業でお立寄りは可能ですか?
Q.
契約は引越しの何日前までにすればいいですか?
Q.
10分間サービスを何をしてもらえるのですか?
Q.
訪問見積もりは、何時までやっていますか?
Q.
不要になった家具や家電の買取はやっていますか?
Q.
ダンボールに入らないものはどうすればいいですか?
Q.
クレジットカードは使えますか?
Q.
ドラム式洗濯機の取り付けは可能ですか?
Q.
当日の申込は可能ですか?
Q.
ハンガーBOXの大きさはどのぐらいですか?
Q.
訪問見積もりは無料ですか?
Q.
布団カバー、ハンガーBOXはいつ借りられますか?
Q.
単身なのですが、ダンボールは無料ですか?
Q.
階段作業になると別料金になりますか?
Q.
エアコンの脱着は可能ですか?
Q.
ピアノの運搬は可能ですか?
Q.
ダンボールの引取りは無料ですか?
Q.
荷造りは何日前から始めればよいですか?
Q.
ダンボールが足りなくなってしまった場合はどうすればよいですか?
Q.
家電の梱包はどうすればよいですか?
Q.
ベッドの分解や組立はどうすればよいですか?
Q.
自動車や自動二輪者の輸送はできますか?
Q.
運べないもの等はありますか?
Q.
植木や花などはどのように運びますか?
Q.
トラックに一緒に乗せてもらうことはできますか?
Q.
今回の引越しは新築マンション購入による、一斉入居なのですが、対応可能ですか?

お問い合わせ・お見積り

お電話をご利用のお客様

東日本エリア (東京都 千葉県)フリーダイヤル:0120-43-5501

西日本エリア (大阪府 京都府 兵庫県 奈良県)フリーダイヤル:0120-13-5501

お見積りフォームをご利用のお客様
  • 単身者のお引越
  • ご家族のお引越
  • 法人のお引越

ZERO1引越センター3つのポリシー

1.さらなる低価格への挑戦
わたしたちは、これまでの業界の常識を覆し、お客様に引越サービスを圧倒的な低価格でご提供するため、常に「革新的な挑戦」を追求いたします。
現在中心となっている東京から引越し、大阪からの引越しに限らず、全力でお客様のお引越をサポートします。
2.お客様満足度120%の追及
「安かろう、悪かろう」では、現代の厳しく合理的な判断をされるお客様の支持を得らることはできません。
「安くても良いサービス」をテーマに、社員教育・インフラ整備の徹底的に行います。
3.安心・安全とスピードの両立
物流業界のおいて、安心・安全は絶対に必要な最低条件です。しかし、時間のゆとりが少なくなっている現在の人々の生活環境、顧客ニーズにも対応するため、スピード化の取り組みにも資源を投下していきます。

ページの先頭へ